single posts and attachments

春の山野に黄色/丸森3月の床飾り

大湫の山野、庭先に黄色い花が咲く。わらわらとほころびかけた、心浮き立つ春の色。マンサクは濃い黄色。春一番に“先ず咲く”。コウヤミズキは明るい黄色。“ハナタレ”と云うのにはびっくりした。“花垂れ”でした。納得。レンギョウは輝く黄色。ロウバイ、オウバイ、ミツマタ、サンシュユ、エニシダ、ミモザ、ヤマブキ、ちょっと先だけどヘビノボラズも黄色い花。

3月の丸森はお雛様フェア。床飾りもそれに因んだ地元作家 向井一峰の織部花入れ一対。お雛様とお内裏様のイメージです。軸は日展作家 江川香竹の万葉歌。丹比真人国人の東国筑波山を褒めたたえた歌。花入れは、土岐市駄知の名工 野中春清の志野立鼓花入れ。大湫宿米屋から出たものです。

お雛様フェアは4月5日まで。大湫宿に伝わる幕末の「享保雛」、明治の「古今雛」。瑞浪市市原の土雛も古いものがあります。春の大湫宿。是非お出かけください。