大湫宿とは

大湫宿(おおくてしゅく)は、「大久手宿」とも書かれ、
中山道47番目の宿である。
慶長9年(1604年)に新設された宿場で、尾張藩領であった。
皇女和宮親子内親王の宿泊地となった。

現在大湫町では、住民が生き生きと暮し、大湫宿を訪れる
人達に喜んで頂けるよう、豊かな自然や歴史・文化を大切にし、
活かしながら今後のまちづくりをともに考え、
できることから実行して行こうと取り組んでいます。

大湫町コミュニティ推進協議会 大湫宿
大湫町コミュニティ推進協議会 大湫宿

中山道47番目の宿である宿場、大湫宿。
美濃国で最も高所の宿場です。屋号を掲げたまち並みに風趣を感じ、「ありのまま」の宿場の姿を見ることができ、当時の宿場を物語ります。

詳しく見る

大湫町コミュニティ推進協議会 丸森邸
大湫町コミュニティ推進協議会 丸森邸

森川訓行家住宅主屋 国登録有形文化財
建物は江戸時代末期の建築と推察され、江戸の町屋形式をそのまま有し、当時の旅籠や問屋を兼ねた住宅の雰囲気をよく残しています。

詳しく見る

大湫町コミュニティ推進協議会 大湫公民館
大湫町コミュニティ推進協議会 大湫公民館

大湫公民館は平成3年5月に完成しました。
各施設は、地域連帯の強化、学習・文化活動やレクリエーション・スポーツ活動など、地域に根ざした場としてご利用いただけます。

詳しく見る

お知らせ information

お知らせ

大湫公民館利用再開のお知らせ

 臨時休館中の市内全公民館は6月1日から開館することなりました。新型コロナウイルス感染予防はまだまだ気を許せず […続きを読む]

お知らせ

広報『大湫』6月号を発行しました。

   ここ大湫も徐々に社会生活が戻ってきていますがまだまだ気は許せません。   感染防止のため外出時 […続きを読む]

AboutOkute prefecture

大湫には魅力がいっぱい!